後押しではなく受け止めるうつ病との接し方

うつ病との接し方

うつ病に求められるサポートとは

現代社会でさらに広まりつつあるうつ病との関係、近しい人間にうつ病の人、またはそれに近い人がいる人も多いのではないだろうか。 うつ病との接し方もまた難しいテーマだ。正しい接し方というのは、人それぞれ違うかもしれない。 しかし、共通して言える接し方もある。強く熱く、正しく伝えることが、必ずしもうつ病の改善には繋がらないということだ。 正義感の強い人、またうつの気持ちが理解しがたい人には難しい接し方だろう。我々人間の感情とは、理屈では叶わない部分が存在する。 相手の心に寄り添い、弱さを見守り、言いたいことを言葉を選びながら伝えていく忍耐強さがサポートには必要になる。 当事者だけではなく周囲と解決していく病気である。

接し方を見誤った場合

サポートする側にも、大変な忍耐強さや努力が必要になると述べた。 いつまで続くかわからないうつ病のサポートには、本気で向き合うことにより周囲が心労を煩うこともあるだろう。 向き合い過ぎて、ストレスを患者の前で爆発させてしまったり、誤った対応をとると、時には患者の命に関わることもあることを忘れてはいけない。 サポートする人間は、相手を追い詰めないために、自分が肩の力を抜きながら接することを忘れてはいけない。 そして、最悪の事態にならないようにバランスをとりながら、患者の心に寄り添って一緒に笑って、一緒に泣いてあげる時間を作ることが少しでも作ってあげられると、患者にとって一つの光や道筋になるのではないだろうか。