後押しではなく受け止めるうつ病との接し方

 励まさないことが大切

以前はうつ病に対する社会の認識が浅く、精神的な甘えと捉えられることも多い時代でした。しかし現在ではしっかりと社会が認識し、多くの方が「励まさない励まし方」という適切な接し方を実践しています。

 発症しやすい性格

うつ病は、その原因と発症しやすい性格が解明されています。うつ病の原因はストレスと言われ、様々な重圧が重なって症状を引き起こしてしまいます。責任感の強い方が多く発症するため、攻め立てない接し方が大切です。

 不満を受け止める

うつ病の方との接し方がわからない方も多いです。うつ病の方と接する際には、まず話を聞いてあげることが大切です。聞き手に徹することで、相手の不満を受け止めてあげることができます。

頑張りを受け止める

うつ病の接し方を理解し、サポートしてあげましょう。|うつアカデミー

うつ病の人への接し方

うつ病を患っている人会の日接し方は工夫することが必要です。普通の人と同じ様に接してしまってはいけないのです。それでは、うつ病の人に対してはのような接し方をすれば良いのでしょうか。まず、最も重要な事はうつ病の人を励ましてはいけないと言うことです。うつ病の人は今でもがんばっているのです。その状態で励まされてしまうと、更なる自己嫌悪に陥る可能性が出てきます。それがうつ病を結果的に悪化させてしまうのです。まずは、うつ病だということを認めてあげることが重要です。あまり特別扱いせずに普通に接することも必要なのです。うつ病であることを公表しないケースもありますので、周囲が十分に配慮することが求められるのです。

対応することの難しさについて

うつ病は従来から精神的な病として捉えられてきました。しかしながら最近では精神的な病と言うよりも性格的な面もクローズアップされつつあります。具体的に言えば、多少の怠け癖がついている人に対してうつ病だと言う印象を持ってしまう人が多いということです。この境目がとても難しく、怠けているのか病気なのかがわからないことがあるのです。ですから、周囲のうつ病の人に対する接し方はとても難しい判断を迫られるのです。もちろん、怠けているだけなのであれば普通の人と同様に接すればよいのです。しかしながら、病を患っている場合にはそれに適した接し方をする必要があります。最近では、本人が病を患っていることを公表するケースもあります。そのような場合には、あまり特別な事として捉えずに、自然体で接するほうが良いでしょう。

何もしないという接し方

家族がうつ病になってしまったら、家族もとても大変でしょうが本人もとても辛いものです。うつ病の人は傷つきやすかったりして正常な判断ができないこともありますので家族が嫌な気分になることもあるかもしれませんが、できるだけ寄り添えるようにしましょう。うつ病の人は一人で苦しむこともありますが家族がいれば家族が支えてあげることもできます。うつ病は自分の殻にとじこもってしまいがちなので感謝されている実感はできないかもしれませんが、無償の愛を与えつづけて気持ちが癒えていくのを忍耐強く待ちましょう。自分が良かれと思ってしても伝わらないことも多いですし状況にもよりますが言葉はあまり意味をなしません。いつ終わるかわからない闇の中にいてもいつかは出口がありますから、何も言わなくても大したことはできなくても接し方にはこだわらず一緒にいてあげることが大切なのではないでしょうか。

うつ病の人にとってしてほしいこととしてほしくないこと

うつ病といってももちろん人によって症状などは違いますが、接し方を考える時に基本的にはしてほしいこととしてほしくないことがあるので覚えておきましょう。してほしいことはしてほしくないことをしないことです。例えば何かを強要されたくないので強要しないことです。病院に掛かることは必要ですが、それ以外は例えば頑張れと言ったりして頑張ることを強要したりしないことです。うつ病の人に接する時つい頑張れと言ったりして励ましたくなるかもしれませんが、逆効果な場合があります。良かれと思っても相手を不快にさせてしまうこともありますので、接し方を考える時にはやはり相手に寄り添うことを第一に考えましょう。とはいえ、やはり家族だと生活をともにしていますので放っておくわけにはいきませんし、本人が必要としていれば一緒にいてあげることも必要ですし接し方を意識しすぎず普通に接することも大切です。

ここ最近増加しているうつ病

日本では今や身近な病気になっている病気というと、うつ病があります。ここ10年のうちに、うつ病を扱う心療内科、精神科の病院は多く見られるようになっています。 WHOによる推定では、世界で3億5000万人の人がうつ症状に悩まされているといいます。なので、誰がなってもおかしくない病気といえます。 そもそもうつ病というのは、抑うつ気分や食欲の減退、不眠、焦燥感、無気力などの症状が長期間にわたって持続することです。1日中、罪悪感や不安な想いが襲ってくるので、非常に苦しい思いをします。また、うつ病に陥ってしまうと、最悪の場合は発作的に自殺する可能性もあります。なので、うつ病だとわかったら、なるべく早く専門の医療機関に相談する必要があります。

 頑張っては禁句

うつ病の方との接し方として、絶対に言ってはいけない言葉があります。それは、「頑張って」という言葉です。普段なら励ましの言葉となる頑張ってですが、うつ病の方には無理に拍車をかけてしまい逆効果です。

 うつ病との接し方

うつ病は現代社会で広がりを増し、日常的にうつ病の方と接する機会も増えている。そのため、多くの方が正しい接し方を知る必要があるのだ。強く熱く接することだけが、うつ病の改善につながるわけではないのである。